ご挨拶

日本小児科医連盟は平成19年4月1日、日本小児科医会会員の皆さまのご賛同を得た後、総務大臣宛てに設立届を提出して発足いたしました。

日本小児科医連盟は、わが国の子どもたちが安全に健やかに育つためのより良い社会環境作りを目指して設立されました。

平成30年12月8日には全国の小児科医が長年求めてまいりました「成育基本法」が国会で成立いたしました。これを受けて、厚生労働省内に、「成育医療等協議会」が設置され、子どもの医療・保健・福祉全般について議論され、「こども庁」の新設まで具体化されようとしております。

子どもたちが健やかに生活できる社会環境を作ることは、我々小児科医の使命でもあります。
どうぞ皆様の本連盟へのご支援をお願い申し上げます。

日本小児科医連盟 委員長 松平 隆光

このページの上へ▲